• 茨城県では厚生労働省「若年技能者人材育成支援等事業」の委託を受けて、「茨城県職業能力開発協会」内に「茨城県技能振興コーナー」を設置して、県内の中小企業・団体および教育機関(小・中・高校等)に「ものづくりマイスター」・「ITマスター」を派遣するための相談やコーディネートを行なっています。また、地域における技能振興にも取組んでいます。
  • 「ものづくりマイスター」・「ITマスター」の登録申請、研修
  • 若年技能者の人材育成に係る相談・援助
  • 「ものづくりマイスター」・「ITマスター」の派遣
  • 「ものづくりの魅力」、「ITの魅力」発信
  • 技能競技大会の参加支援
  • ものづくりの魅力、技能者の持つ技能を伝えるための取組
  • イベントの開催
  • 「地域発!いいもの」応援事業の実施

  • 【連携会議】

    地域の産業特性や就業構造等を踏まえたものづくりマイスター・ITマスターや技能振興の取組、事業実施に当たっての連携・協力の在り方の方針決定について連携会議を年間2回実施しています。


    【メンバー】
  • (一社)茨城県経営者協会
  • 茨城県中小企業団体中央会
  • 公益財団法人茨城県中小企業振興公社
  • 茨城県商工会議所連合会
  • (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構茨城支部
  • 茨城県産業戦略部労働政策課
  • 茨城県教育庁高校教育課
  • 茨城県教育庁義務教育課
  • 茨城県技能士会連合会
  • 茨城県職業能力開発協会
  • 厚生労働省「ものづくりマイスター/ITマスター」の条件をクリアした人が、茨城県技能振興コーナーに申請し、中央技能振興センターの認定委員会により認定を受けます。(5回程度/年)
  • 認定されると「ものづくりマイスターデーターベース」に登録されます。
  • 企業や教育機関からの「ものづくりマイスター/ITマスター」派遣申請は、茨城県技能振興コーナーに提出ください。
  • 茨城県技能振興コーナーは、派遣依頼の内容により職種・期間・派遣場所等を検討して、派遣する「ものづくりマイスター/ITマスター」を決定します。
  • 申請に基づき、「ものづくりマイスター/ITマスター」を依頼元に派遣し、実技指導を実施します。
  • 派遣に要する費用(ものづくりマイスター/ITマスターの謝金、交通費)と実技に使用する材料費(上限あり)は茨城県技能振興コーナーで負担します。
  • 実技指導を依頼する場合は、ホーム画面の「指導を受けたい」を見て下さい。
  • ものづくりマイスター制度

    ITマスター制度
    ITマスター制度
  • 若者のものづくり離れ・技能離れが見られる中、若者が進んで技能者を目指す環境の整備や産業の基礎となる高度な技能を有する技能者の育成が課題となっており、若年技能者の育成、技能尊重気運の醸成を図る必要があります。
  • このため厚生労働省は平成25年度より製造・建築関係の「ものづくりマイスター」を認定・登録し、中小企業・団体や教育機関の要請により現地にものづくりマイスターを派遣して、技術指導等を行なう等、全国組織で展開して若年技能者の育成支援及び技能継承の支援を行なっています。
  • 平成28年度より「ITマスター」を認定・登録し、ものづくりマイスター制度と同様に若年技能者の育成支援及び技能継承の支援を行なっています。

  • 【参考(リンク先)】
  • 厚生労働省ホームページ 「若年技能者人材育成支援等事業(ものづくりマイスター制度)」
  •             「ものづくりマイスターデーターベース 制度紹介」
  • 中央職業能力開発協会  中央職業能力開発協会 若年技能者人材育成支援事業
  • ページのトップへ戻る